電気自動車がスマエコな暮らしのスタンダードになる日は近い!

コンパクトカーからの乗り換えも増加!
2010年12月に発売された電気自動車リーフ。 街で見かける台数もかなり増えてきましたね。
発売当初は「最先端の車に関心あり」「人と異なる車に乗りたい」 「走行中CO2ゼロ=環境に貢献したい」といった購入動機の方が多かったのですが、最近では毎日の普通の生活の脚として、「使用・維持にお金がかからないから」といった理由で、ハイブリッドカーやガソリン車と分け隔てなく検討し、キューブやマーチなどのコンパクトカーから乗り換える方も増えています。

日産リーフ

実際に乗り換えた方からはこんなコメントをいただいています。
  • 自宅と職場の往復にリーフを使用。維持費を考えるとリーフでも良いかも!?と思った(女性)
  • 自宅を太陽光に改築。今度はエコな車に乗り換えたいと考え、ノートを検討していたが、補助金や免税の話を知ってリーフに決めた(男性)
  • 毎日ジム、レジャーに使用。GSに行かなくて良いのでラクになった(男性)
毎日の生活に欠かせない足として使われる方が増えていることがよくわかります。価格も改定されてさらにお求めやすくなりました。
リーフ価格改定

より充実してきた急速充電スポット
急速充電スポット 日常の足として使うには、充電スポットが身近にあることも重要なポイントですね。
以前は市役所関連施設、高速道路のサービスエリアや日産ディーラーの店舗が主たる急速充電スポットでしたが、ここに来てかなり普及してきています。
楽しみながら充電ができるスポットも増えてきていますので、ちょっとご紹介します。
楽しみながら充電ができるスポットも増えてきています
お買い物しながら、遊びながら充電もできてしまうポイントも増えています。 ついでに充電・・・というスポットもさらに増えそうですね。
スマエコな暮らしの中の足を考えるなら電気自動車リーフもひとつ選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?