「目先のお得」と「長い目でみた本当のお得」の違い2
LCC(ライフサイクルコスト)で比べていますか?

LCC(ライフサイクルコスト)とは生涯費用という概念。
車や住まいは、長〜く使うもの。
今回は住まいのライフサイクルとLCCについて考えてみましょう。

日本の家屋の平均寿命をご存知ですか?
日本の家と欧米の家の寿命について、アメリカの住宅の平均寿命が約44年、イギリスは約75年。日本の家はなんと平均約26年。
かなり短いですね。
※国土交通省が建設白書の中で試算したもの
(平成8年から過去5年間に除却されたものの平均)

短いのにはいろいろな理由がありますが、もっと長く使えるようにすることでライフサイクルコストを下げる基本になります。
新築時からの定期的なメンテナンスが結果としてLCCを抑えることになります。
新築時からの定期的なメンテナンスが結果としてLCCを抑えることになります。

「長期優良住宅」の考え方って?
おおざっぱに要点をまとめてみると次のようなポイントになります。
1
構造は、100年程度使用できるぐらいにしっかりしていること。(さらに地震にも強い家)
2
断熱性能など省エネ対策がしっかりしていること
3
内装・設備などは清掃・点検・補修・更新が容易にできるようになっていること。
4
居住しやすい広さを確保してあること
5
ライフスタイルに合わせた間取り変更をきちんと考えてあること(バリアフリーも含めて)
6
建築時から将来を見据えて、定期的な点検・補修等に関する計画ができていること。(構造上主要な部分、雨水の浸入を防止する部分給水・排水の設備)
7
少なくとも10年ごとに点検を実施すること。

「構造がしっかりしていて、暮らしの変化に合わせやすく、リフォームがカンタン。そして、定期的に点検や保守を計画してある家」が長く使える住まいといえますね。
また、こうした仕様であれば余分な補修にもコストがかからず、暮らしが変わった時の改修費も抑えられ、結果的にLCCも抑えることができる住まいになります。
今から住まいを建てる方はデザインやスタイルだけでなくこうした見えない部分にもこだわって建てたいですね。
全国リフォームコンクール優秀賞作品「別荘地に建つ住宅を、夫婦二人で楽しむ住まいに!」
全国リフォームコンクール優秀賞作品「別荘地に建つ住宅を、夫婦二人で楽しむ住まいに!」

今からできるLCCを抑える対策!
現在ある住まいでも、断熱改修や耐震補強をすることでそれまでよりも快適で長持ちする家をつくることは可能です。
また、少なくとも点検や保守はきちんとしておくことで、LCCを抑えられるようになります。
レオックでは、建物のチェック、リフォームの可能性や建物のメンテナンスについてのアドバイスもできますのでお気軽にお問い合わせください。

レオックは、「ウチにいるときがもっと楽しくなる家づくりをしよう!」をモットーに、新築にもリフォームにも取り組んでいます。
レオックは、「ウチにいるときがもっと楽しくなる家づくりをしよう!」をモットーに、新築にもリフォームにも取り組んでいます。

しあわせうさぎは、レオックのイメージキャラクターです。