「目先のお得」と「長い目でみた本当のお得」の違い
LCC(ライフサイクルコスト)で比べていますか?

LCC(ライフサイクルコスト)とは生涯費用という概念。
車や住まいは、長〜く使うもの。
LCCの違いで選んでいきたいですね。
コストが小さいということは、エネルギーの使用量も減るということ。スマエコな暮らしには必須の考え方です。
クルマの場合のLCCをガソリン車、ハイブリッド車、電気自動車で見てみましょう。

電気自動車は維持費がエコノミー
電気自動車リーフは車両価格が補助金78万円を活用しても300〜250万円程度※1。
一方、量産型ハイブリット車はこれよりも安価。電動自動車はもっと安くなってからの購入でも良いか?と、思いたくもなりますよね。ここでLCCに着目!!長く使う上で大切な視点です。
※1リーフS グレードの車両価格から2012年度クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金(最大)78万円を差引いた参考価格は249万6千円。

車は購入費用のほかに①整備費用、②税金、③燃料代等が掛かります。初期購入費用の高低だけに囚われず、これら維持費を比べてみましょう。


①整備費用
リーフにはエンジンがありません(電動モーターだけで動く為)。エンジンオイルを始め「オイル」類が不要です。エンジン関連の整備はエンジン始動に必要なプラグ等、結構あるので、リーフだと整備費用が低負担になりますね。

エンジン関係の整備メニュー費用
電気
自動車
リーフ
無し¥0
例えば
1,500㏄
クラスの
コンパクトカー
・エンジンオイル
・オイルエレメント
・ファンベルト
・エアコンベルト
・エアエレメント
・オートマチックトランスミッションフルード
・スパークプラグ…etc
これらに
かかる金額
合わせて
約¥50,000~


②税金
リーフはエコカー減税により購入時の取得税・重量税が免税。しかも愛知県では自動車税が5年間免税です。※2
※2平成24年4月1日〜平成26年3月31日の間に新車新規登録を受けた電気自動車・プラグインハイブリッド自動車は、新車新規登録を受けた年度の月割分及び翌年度から5年度分を全額免除(ハイブリッド車含むエコカーは減税)
5年分の自動車税を比較すると
電気自動車リーフ
¥0
愛知県では5年間免税!!
ハイブリット車1,800cc ¥178,000
1年目は減税で約¥20,000
2年目より¥39,500

③燃料代
1年間で103,212円。9年間だと約90万円もの節約に!!
最後に意外と見落としがちなのが「ハイブリッドカー」にもガソリンが必要ということ。ひと月に1000㎞走行した場合の燃料が「電気」と「ガソリン」とでは維持費に大きな差がつきます
例えば、ひと月に1,000km走行したら…月々-¥8,601も節約できます!!
目先の費用の高低に目を取られがちですが、車は長く乗るもの。(国内平均約9年)。乗っている期間全体での「エコノミー=経済性」で選ぶのも賢い方法。
リーフは、2012年11月にマイナーチェンジし、JC08モードで航続可能距離228㎞にまで伸びました。
長い期間で比べたら実は低負担!「LCC」の考え方を知ったら、電気自動車のある生活がもっと身近に感じませんか!?