企業も「スマエコ」電気自動車リーフ&急速充電器導入の取り組み

スマートでエコな暮らしは、企業でも取り組みたい課題。
企業活動をしていく上で、主要な移動手段のクルマ。これを電気自動車に変えると、ぐんとスマエコになるはず。実際にオノコムでは、電気自動車リーフを導入し、社長自ら「スマエコ」を実践。同時に本社ビルに急速充電器を設置して取り組み始めました。
オノコム本社ビルに急速充電器を設置しました。

実際に使用してみると・・・
「打合せに名古屋・・・三重の現場にと、できる限りリーフで動いています。音も静かで、気持ちよく加速してくれるので快適なクルージングをしています。
充電に関しては、豊橋、名古屋往復だと1回必要です。
東名の上郷サービスエリアか、日産の長久手店で充電しています。少し前はすぐに充電ができたんですが、最近では3台待ちなんてこともあります。
それだけ電気自動車が増えてきましたね。
CO2も削減できるし、燃料代も驚くほどかからない。企業にとってのスマエコとして、とても効果的です。活発に活動する企業にとってコスト削減の効果的な手段にもなってくるのではないでしょうか?」
オノコム本社ビルに急速充電器を設置しました。
オノコム本社ビル駐車場に設置された急速充電器。一般の方も使用出来ます。

電気自動車と急速充電器は、にわとりとたまごの関係!?
「電気自動車って企業活動にとてもいいですね。充電ポイントがどんどん増えていくと、更に安心して走れるようになります。それには電気自動車そのものの普及も必須。そう考えると、充電ポイントが先かリーフの普及が先か、にわとりとたまごの話みたいですね。
電気自動車を導入すると同時に急速充電器も設置していく企業が増えれば、にわとりもたまごもいっしょに増えてきます。
そうなって環境に優しい企業活動も加速していってほしいと思います。」
豊橋市内急速充電ポイント
  • 豊橋市役所(バス棟内)
  • 豊橋南消防署大清水出張所
  • 東愛知日産下地店
  • 東愛知日産岩屋店
  • オノコム本社
オノコム本社ビルに急速充電器を設置しました。