電気を「貯めて使う」暮らしがやってきた!

電気を深夜に貯めておけば、電力使用量がピークの時間帯に、電力会社の電気を使わずに済みます。つまり「節電」にもなるんです。



震災以降、慢性的な電力の不足で電力消費の多い夏の午後などは、発電所をフル稼働しても「節電」しないと足りなくなるかも・・・という状態でした。
そこで、この夏、さまざまな「電気を貯めて使う」スマエコ商品が一斉に発売されています。



2年前に発売され、普及をしてきた電気自動車リーフ。これを蓄電池として、住まいや事務所の電源として使うための商品が日産自動車より発売されています。
「LEAF to Home(価格は補助金使用で約33万円)」という充電機能付きシステム機器で、電気自動車と家庭やオフィスの分電盤を繋ぐと、およそ2日間、一般家庭の電力をまかなえます。
非常用ではなく、普通に電源として使えるという本格的なものです。
LEAF to Home


また、太陽光発電した電力を蓄電できるシステムも京セラソーラーから発売されています。こちらは、普通に電気を使って、約半日分の電気を貯めておくことができるシステム。(増設ユニットを追加すると一日分)太陽光発電の電気を効率よく貯めることができ、また、それと同時に電気を使用することも可能。停電時でも太陽光発電を使って蓄電して、必要な時に使う。ということもできますね。
太陽光発電連携型リチウムイオン蓄電システム


電気を「貯めて使う」スマエコな暮らし。
ご興味のある方は、電気自動車リーフとLEAF to Homeについては東愛知日産に、京セラソーラーの蓄電システムについてはレオックにお問い合わせください。